栃木県,歯科,那須塩原市,歯医者,新藤歯科医院について

予防歯科

予防歯科では、歯科の2大疾患で歯を失う主な原因である「虫歯」、「歯周病」の発症を防止します。虫歯、歯周病の仕組みやご自身の口腔のリスクを知ることにより、適切な予防を実践していくことが可能です。

12歳児における日本人の虫歯保有数は、予防歯科の先進国であるフィンランドと比較すると約4倍となっていますが、この差は予防歯科がどのくらい定着しているかによって生じています。
また、近年口腔の健康が心臓病や糖尿病などの全身疾患にも影響をおよぼしていることが分かっています。

予防歯科は生涯健康な歯で豊かな生活を送っていただくための診療です。



予防歯科

メインテナンスの目的

メインテナンスは、持続的なバイオフィルムの破壊と除去を行って、治療によって得られた口腔内の健康な状態を維持させ、う触(虫歯)、歯周病を予防することを目的としています。
メンテナンスでは専門家によるプラークコントロールとして、スケーリング、ルートプレーニングなどを行います。
歯周ポケット内の歯周病原菌であるグラム陰性菌群は、処置した後12〜16週で、もとの歯周叢に戻る傾向があります。
そこで、細菌の量が悪影響を起こしだす前に、プロフェッショナルバイオフィルムコントロールを行って、歯周病の再発を予防するために、その人の歯周環境に応じたメインテナンス・プログラムを決定します。



リコール(次回来院日)を必ず守りましょう

メインテナンス・プログラムにそってリコールが指定されます。
この間隔は、基本的に3ヶ月とされていますが、再評価やパーソナルプラークコントロールの程度によって、短くなったり、徐々に延ばされたりします。
リコールは、必ず守ってください。 もし、リコールでのメインテナンスを定期的に行わないと、確実にう触(虫歯)、歯周病は進行してしまいます。



虫歯のメカニズム

虫歯は、プラーク中の細菌(ミュータンス菌、ラクトバチラス菌など)の感染によって起こります。
細菌は食べ物から栄養を取り、酸を作ります。この酸によって歯が溶かされてしまった状態がう触(虫歯)です。
人間のからだには、この酸と闘おうとする抵抗力があります。それは唾液の洗浄、抗菌作用、抗脱灰作用やそれぞれの人の歯の質などです。 しかし、酸にさらされる回数が多かったり、時間が長かったりすれば、酸との闘いにやぶれ、う触(虫歯)になってしまいます。



歯周病のメカニズム

歯周病の発症は歯周病原菌の感染によって起こります。
口腔内には300〜400種類の細菌が存在しています。これらの菌が、歯肉溝(歯と歯ぐきの境目)のなかで異常増殖すると歯周ポケットが形成され、付着部が歯面からはがれ、続いて歯肉がはれ、歯槽骨の破壊を起こさせます。
歯周病は、細菌感染による炎症性疾患です。たとえば、歯周病にかかった人が糖尿病にもかかり、ヘビースモーカーで、さらに歯ぎしりもするといった場合、危険因子がトリプルに複合しているために、歯周病は急速に悪化してしまいます。
歯周病の治療を進めるためには、危険因子の要因を減らさなければ治療しても再発を繰り返すことになります。

新藤歯科医院住所

  • 〒325-0026
  • 栃木県那須塩原市上厚崎721-1
  • TEL:0287-64-4182
  • FAX:0287-64-4185
  • ※初診の方は、来院前に電話でのご予約をお願いいたします。

診療時間

- 各種健康保険取扱い -

  • 月曜日〜土曜日
  • 午前 9:00〜12:30
  • 午後 14:30〜18:30
  • ※最終受付時間は30分前となります。
  • ※土曜日は18:00迄の診療となります。

休診日

  • 日曜日・祝日

- 医院へのご案内・マップ -

新藤歯科医院地図

→詳しくはこちら

求人情報スタッフ募集中

ただいま当歯科医院では、歯科医師・歯科衛生士のスタッフを募集中です。

→詳しくはこちら

医療費控除を計算してみましょう
QRコード